血圧計の種類を紹介します。

私の今私用している血圧計はなかなかの優れものです。何処が優れているかと言うと、
まず血圧計には蝋色なタイプの物があります。手首に巻く物これは小型物なので、携帯に便利ですが、数値が正確ではないような気がします。
次に、二の腕に巻くタイプの物です。前述の物と同じですが、私の場合は左手が利きませんので巻くと言う行為が困難です。マジックテープ状になっていますが、少し苦労しますが、何とか巻けるという位です。
最後に私の使用している二の腕までを機械に入れて上部に付いているボタンを押して測るタイプの物です。こちらは右手でもボタンを押す事が出来るし、二の腕を奥まで入れるので、測定するのがより心臓に近いので、正しい値が出るような気がします。
しかも買った時は、単2の電池4本で動いていましたが、ACアダプターを購入すれば家庭用の電気で作動する事が出来るのです。他にも見た事があるのは手を伸ばした状態で私用できる物など色々ありますが、コンパクトでこちらのほうが使いやすいように思われます。
主治医から血圧が高いと言われて、たまたま診察の時に血圧が高いと思っていたら、実際に高くてびっくりしました。血圧計を購入して、毎日測っています。でも、診察の時高くても、驚きません。家での血圧の数値がわかっているので、問題ありません。
もちろん血圧が高い数値が続くようなら、主治医に報告します。
プログラミング 給付金