日本語って難しいけれどそれを自然に使える人はカッコいい。

海外で仕事をしていた経験があるからでしょうか、年下の若い友人から自分の小学生の子供にも将来世界で活躍できるように早めに語学を身に着けさせた方が良いかどうかの相談を受けました。幼い頃から自国語ではない海外の言語を身に付かせようと考える親は沢山いますが、その答えには必ずしも賛成できない旨伝えました。幼い頃身に着けた外国語は、確かに、大人になってからよりは短期間である程度身に付きますが、忘れてしまうのも早いので、実力を維持するのは結構大変です。それよりも賛同できない理由は他にあります。それは母国語も中途半端な小学生に更に別の言語など正しく身に付く筈がないからです。母国語である日本語の素晴らしさや正しい使い方を身に着けてこそ、それを基盤に外国語が理解できるのであって、日常会話位なら何とかなっても世界で活躍できるような語学力などそう易々とは身に付きません。世界に誇れる美しい言語の日本語を自在に使いこなせてからのことだと伝えたのですが、その友人は納得がいかないようでしたので、次のように付け加えました。きちんとした日本語を話す人を見てカッコいいと思ったことはありませんか?目上の方に対してきちんと敬語が自然と出てくる人を素敵だとは思いませんか?と。年齢に関係なく、TPOにあった母国語を使いこなせる人こそが、多言語にも力を発揮できる人だと思います。自戒の念を込めて。