今年のクリスマスはドミノピザで予約をしよう!

クリスマスはチキンだけじゃない!?
チキン、ビーフ、ポーク、シュリンプ、ホタテなどのメニューが勢ぞろい!
今年のクリスマスは、ドミノ・ピザのクリスマス特別メニューで、お友達やご家族に贅沢な満足感をプレゼントしてみてはいかがでしょうか?
今年のクリスマスは、ドミノピザクリスマス予約お友達やご家族に贅沢な満足感をプレゼントしてみませんか?
クリスマス・ラグジュアリー・クワトロ
ドミノ・ピザの「クリスマス・クアトロ」は、日本で人気の4つのトッピングを使用した贅沢なクアトロです。スモークチキン バジルソース」、「海老と帆立の渡り蟹ソース」、「イタリアンジューシーローストポーク」、「備長炭ローストビーフ」。
スモークチキンのバジルソース添え
クリスマスの定番チキン料理をより豪華に仕上げました。桜の木のチップでじっくりと燻製して香りを高めたジューシーな鶏もも肉に、爽やかなバジルソースを合わせました。トッピングの赤パプリカとグリーンアスパラガスがクリスマスムードを盛り上げます。
海老と帆立貝の渡り蟹ソース
ふっくらとした海老と帆立貝を特製の蟹ムースソースでトッピングしたリッチな一品。赤パプリカとグリーンパセリをトッピングして、クリスマスのムードを盛り上げます。
4 ハッピーレンジ
イタリアンジューシーローストポーク
外はカリッと、中はジューシーなイタリアンポークを使用し、定番のローストポークを贅沢に仕上げました。赤パプリカのトッピングがクリスマスムードを盛り上げます。赤パプリカと緑のほうれん草のトッピングがクリスマスムードを盛り上げます。
備長炭で焼いたローストビーフ
肉汁のうまみと、炭火で焼いたローストビーフの独特の香りがマッチしています。トッピングの赤いプチトマトとグリーンのほうれん草がクリスマスムードを盛り上げます。
プレミアムローストチキン
骨付き鶏もも肉を、ローズマリー、バジル、タイム、オレガノ、イタリアンパセリの5種類のハーブでジューシーにローストしました。(発売日:12月13日)
ひんやりミルクレープ
ドミノ・ピザの冬限定の人気商品です。手作りのクレープとクリームを丁寧に重ねています。ひんやりとした甘さで、半解凍の状態でもお楽しみいただけます。アツアツのピザと一緒にデザートとしても最適。
クリスマス表記の意味と由来
クリスマスは「Christmas」や「Xmas」と書きます。これらはどのような意味を持ち、どこから来たのでしょうか。ここでは詳しく解説します。
クリスマスを表す英語は “Christmas “で、”Christ “はキリスト、”mas “はミサ(礼拝)を意味しています。クリスマスは「キリストのミサ」という意味で、世界のキリスト教国では、キリストの誕生を祝う日となっています。
現在では、「クリスマス」という言葉自体が、キリストの降誕を表す名詞となっており、世界中で共通して使われています。クリスマスの挨拶で一番多いのは「Merry Christmas! (幸せなクリスマスを!)を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
クリスマスには “Xmas “という言葉もありますが、”Christmas “も “Xmas “もどちらも正解です。
クリスマス」の語源はギリシャ語で、頭文字が「X」です。新約聖書のほとんどがギリシャ語で書かれているので、ギリシャ語の頭文字「Xmas」は英語の「Christmas」よりも古いのです。
しかし、近代になって「アルファベットのXがキリストを表すのはおかしい」といった誤解が広まり、「Xmas」という言葉は公の場では使われなくなりました。
また、「Xmas」という言葉が広告に使われることが多く、商業的なイメージが強くなったことも使われなくなった理由のひとつです。
サンタクロースの由来
サンタクロースという名前は、キリスト教の聖人である「奇跡を起こすニコラス」の伝説に由来しています。聖ニコラスは非常に情に厚い人物で、死刑囚を救ったり、犯罪者を改心させたりした逸話が多く残っています。
サンタクロースのイメージにつながった聖ニコラスの話のひとつに、「貧しい家に金貨を投げ込んだ」というものがあります。
聖ニコラスが貧しい家の窓から金貨を投げ入れたところ、その金貨はそのまま暖炉の上の靴下に入ったという。このことから、サンタクロースが靴下にプレゼントを入れるという習慣が生まれました。
クリスマスといえば七面鳥。その起源は何ですか?
もともとヨーロッパでは、クリスマスにガチョウを食べていたと言われています。ガチョウはごちそうだったので、クリスマスには特別なごちそうだったのです。
時が経ち、ヨーロッパからアメリカ大陸に入植してきた開拓者たちが食べ物に困り、空腹に苦しんでいたときに、先住民のインディアンから七面鳥をもらったそうです。その七面鳥が感謝の象徴となり、その後、キリストの誕生に感謝するためにクリスマスのごちそうになったと言われています。
また、七面鳥はガチョウよりも飼育しやすいという実用的な理由もあります。
世界の伝統的なクリスマススイーツ
世界の多くの国でも、クリスマスには特別なスイーツを楽しむ習慣があります。例えばフランスでは、丸太の形をしたブッシュ・ド・ノエルというケーキが伝統的に食べられています。フランス語で「ノエル」といえば、クリスマスシーズンを指す。
また、ドイツではシュトーレン、イタリアではパネトーネ、イギリスではクリスマスプディングやダンディーケーキなどがあります。それぞれの国で、特別なスイーツが作られ、提供されています。
日本では、クリスマスのお菓子といえば様々な種類のケーキですが、最近では海外の伝統的なお菓子を楽しむ人も増えてきました。中には、有名パティシエやスイーツブランドが作るシュトーレンなど、毎年入手困難なほどの人気を誇っています。
ポインセチアがクリスマスの花になるまで
クリスマスの代名詞ともいえる花がポインセチアです。ポインセチアはメキシコ原産の花ですが、17世紀に現地で宣教師をしていたフランシスコ会の修道士がポインセチアを見て、ベツレヘム(キリストの生誕地)の星を想像し、「Noche Buena(聖夜)」と名付けました。これが、ポインセチアがクリスマスの花として認識されるようになったきっかけです。
また、ポインセチアの色にも秘密があります。赤、緑、白の樹液を持つポインセチアには、クリスマスカラーがあります。クリスマスカラーとは、赤、緑、白のこと。特に赤は、キリストを連想させる色であり、「寛大さ」や「愛」を象徴する宗教的な意味を持っています。
ポインセチアといえば赤が有名ですが、白やピンクの品種もあります。様々な色合いのものがクリスマスプレゼントとして贈られています。赤のポインセチアの花言葉は「祝福」「聖なる夜」「幸運」、白のポインセチアの花言葉は「あなたに祝福がありますように」、ピンク(プリンセチア)の花言葉は「純潔」「思いやり」。クリスマスプレゼントにも最適です。
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。