テレアポ代行業者を利用する場合、デメリットや費用対効果も考えておくべきですね。

テレアポ代行を依頼するなら費用対効果を考えて、テレアポ代行 完全成果報酬型をうたう会社が一番だと思います。

私が個人的に交流のある社長が、某テレアポ代行業者に自社のテレアポ業務を委託したそうです。

話を詳しく聞いてみると、その社長がテレアポ業務をお願いしたテレアポ代行業者は、テレアポで使うトークスクリプト作成料金、リスト作成料金が掛かるのはもちろん、1コールあたりの料金が決まっていて、電話を掛けたコール数分だけ料金を支払うという、従量制のテレアポ代行会社でした。

結果的に50万円ほどの費用が掛かったそうですが、肝心のアポはたったの2件しか取れず、悔しい思いをしたと言っていました。

50万円も掛けて取れたアポが2件では、あまりにも費用対効果が低く、デメリットしか感じません。

やはり冒頭で書いたように、電話を掛けただけ、どんどん料金が増えていくスタイルのテレアポ代行よりも、高確率で契約に繋がるような、良質なアポを取ってくれる完全成果報酬型のテレアポ代行業者の方が、断然営業効率が高いと思いますね。

実際に自分も法人営業をしていますが、もしテレアポ業務を外部へ委託するなら、完全成果報酬型のテレアポ代行業者にお願いしたいですね。