ガス代を確実に安くするポイント

ガス代が一番安くなる火加減は強火、中火、弱火のどれだと思いますか?
答えは中火です。
強火:2.2円、中火:2.0円、弱火:2.3円
となっていて、強火の場合は早く沸かすことができますが、電気代が高く鍋の底からはみ出している火は無駄になっているのです。
ガスを利用するときは中火を意識しておきましょう。
ガス代の安い値段が分かったところで、併せて節約できるポイントを紹介します!
鍋底の水気は取っておく
濡れた状態の鍋はそのまま火にかけないようにしましょう。
鍋に着いた水分を蒸発させるために余分な火を費やすことになります。
しっかり拭かなくてもいいので、ササっと水滴は取っておきましょう。
コンロは連続使用を!
ガスは着火のときが一番消費します。
連続使用する際は、事前に次に使う鍋を準備しておき、サクッと入れ替えをするようにしましょう。
野菜の下茹ではレンジが効率的
野菜を鍋でゆでるよりも、レンジなら約4分の1の費用で済みます。
スピード勝負で効率を上げましょう。
魚はグリルを活用しよう
魚は網で焼くよりもグリルの方が早く焼くことができます。
冷凍のグラタンもオーブントースターよりもグリルの方が効率的です。
底広の鍋を活用しよう
ガスの炎の熱を無駄なく受け止めるには底の広い鍋が最適です。
1つの鍋でまとめて調理する
パスタと具を一緒にゆでればガス代と時間をグッと節約できます。
お湯で沸かす
お湯を沸かすときは水を火にかけるのではなく、給湯器のお湯やウォーターサーバーのお湯を鍋に入れて沸かしましょう。
その方が安上がりで2リットルで0.7円の違いが出てきます。
蓋や落し蓋をする
鍋に蓋をすると蓋なしと比べてなんと、年間約2,757円の節約をすることができます。
さらに味も浸み込みやすくなるので一石二鳥です。
まとめ
ガスは毎日使うものですから、ちょっとしたことを気を付けるだけでも大きな節約になります。
毎日の習慣にして無駄なくガスを利用するようにしてくださいね。