腎臓病は医療機関で改善する【ヘルスメイクのプロフェッショナル】

腎臓疾患とは

医者

人の体には多くの臓器が備わっていて、それらが人間の生活をサポートしてくれています。中でも腎臓という臓器の役割は、血液から老廃物を取り出して、尿と共に排出するのが主な仕事です。また、体内の水分や電解質の割合を調整し、体内環境のバランスも取っています。さらに、血圧調整や赤血球の成長の手助けをしたり、色々なホルモンの生産に関与している大切な臓器です。腎臓病と言っても、その症状は様々で疾患原因の違いで、治療の方法も多岐に渡ります。基本的には食事療法、薬物療法、休養などがあげられます。腎臓病の食事療法では、たんぱく質と塩分のコントロール、十分なカロリー摂取が求められます。症状に個人差があるため、たんぱく質や塩分などの摂取量を、医師や管理栄養士の指導のもとに患者毎にプログラムされた食事で治療を行います。

腎臓病は、重症化する前に早期発見を行なっていく必要があります。そのため日頃から生活習慣を改めたり、定期健診に行ったりすることが大事となっています。ただどんなに気をつけていても腎臓病になってしまうことがあるので、その場合には医師と一緒になって治療を行なっていくことになります。腎臓病といっても様々な病名や症状があるので状態に応じた治療が必要になってきます。もし糖尿病症腎症などの病気になったときには、血糖管理も必要になりますし、慢性腎不全であれば薬だけではなく食事療法や安静療法というものが行なわれます。多くの種類があるので、しっかりと検査をして、原因追求と適切な治療を行ない、体調を良くしていきましょう。