腎臓病は医療機関で改善する【ヘルスメイクのプロフェッショナル】

腎臓疾患とは

医者

腎臓病といっても様々な症状があります。重症化しない為には、定期的な健康診断も重要ですし、日ごろから生活習慣や食事のバランスに気を使う事で、発症の予防にもなるでしょう。もし発症してしまった場合には、根気良く医師との二人三脚での治療を心がけ、少しでも症状の進行を食い止める努力が必要のようです。

定期的な尿検査をする

悩み

腎臓病とはいったいどんなものがあるのでしょうか。まず腎臓は老廃物の排出だけでなく、血圧の調節や血液の生成にも関わる働きをしており、大変需要な臓器のひとつです。しかし腎臓病になった時に自覚症状はほとんどありません。そのため定期的に医療機関で尿検査を受けることが大事です。

症状がない怖い病気

男女

腎臓病は血液中の老廃物を体外へ排出するという大事な役目を果たします。症状が出ないので、普段からサインを見逃さない事が大事です。特に尿の色は気をつける必要があり、血尿が出たらすぐに診察を受けるべきです。予防するには食生活が大切で、塩分とタンパク質の取りすぎに注意することです。

特徴と今後の治療

悩み

腎臓病について名前は知っているけど詳しいことを知らない人は多いのではないでしょうか。腎臓病の患者数はなんと1330万人といわれています。日本の人口に換算すると8人に一人が腎臓病であるというとても高い比率です。その中で治療が必要な患者の数はおよそ半分の600万人といわれています。腎臓はとても頑張りやの臓器で、少し機能が低下したくらいでは症状が出ることはなく、症状が出ている場合は既に腎臓病はかなり進行していると考えてよいでしょう。また、これだけ身近な病気であるにもかかわらずこれといった治療法がなく、病衣の進行を抑えるような対処療法しかできないというのも大きな特徴です。また、最近では心筋梗塞や脳梗塞との関連性が高いこともわかってきています。

腎臓病は現在のところ治療する手段が見つかっていない病気の一つです。腎臓病が悪化すると腎不全という状態になります。腎不全とはその名の通り腎臓が機能しなくなる病気のことです。腎臓は体の中の老廃物を体外に出す役割を持っているのですが、その機能が失荒れてしまうため、人工的に老廃物を出す治療を行わなければなりません。これを透析というのですが、患者にとっては時間もかかりますし、肉体的にも大きな負担となります。しかしとある大学の研究グループが腎臓病の原因となる悪玉細胞を特定し、この悪玉細胞を善玉細胞に変えることができる方法を発見しました。まだまだ研究の必要がありますが、この研究が進めば、将来透析を行わずに治療ができるようになるかもしれません。